Pocket

大原櫻子さんというと、少女のような可愛らしい見た目に反して、力強い歌声というギャップが魅力の歌手兼女優さんです。

もとはダンサーとしてスカウトされましたが、今は歌以外にもドラマや映画、最近は高校サッカーの応援歌を担当するなど色々な方面で才能を発揮しています。

彼女の父親は、テレビのバラエティ番組でナレーションとして声を聞くことが多い林田尚親さんであり、意外な人物として話題になりました。

画像や担当番組が気になりますよね。

今回はそんな彼女の父親をはじめ家族についてご紹介します。



スポンサーリンク

大原櫻子さんの父親はナレーターの林田尚親!(画像)担当番組も凄い

大原櫻子さんは、2013年の17歳の時に映画の「カノジョは嘘を愛しすぎてる」でヒロイン役として選ばれ、その劇中バンドのボーカルとして女優さらには歌手デビューをします。

彼女の父親である林田尚親さんは、俳優やナレーターとして活躍しています。

 

 

もとは劇団に所属する舞台俳優として活躍していましたが、ナレーター業も行うようになり、さらにはジャンルを越えた役者を集めて舞台や演出、構成、俳優としても活動しています。

この親子のように、父親がナレーターで子供も有名人のパターンは世界を見てもそれほど多くなく、海外でもこのような関係の親子はいません。

 

林田尚親さんは、「ザ!世界仰天ニュース」「行列のできる法律相談所」などの数々のゴールデン番組のナレーターとして出演し活躍し、声を聞いたことがある人もいるでしょいう。

 

 

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」で大原櫻子さんがデビューをした時、彼女の父親は林田尚親さんであると少し報じられ、その後の番組で彼女が番組で明かし広く知られるようになります。

2003年8月放送の「モグモグGOMBO」という番組では、林田尚親さんがナレーターを務めたので、当時子供の大原櫻子さんも出演しており共演しました。

林田尚親さんは俳優でもあり、人気番組のナレーターでもあるので、声を聞けばわかる人は多いでしょう。

 

彼女の父親が初めて明かされたのは「行列のできる法律相談所」でした。

司会の東野さんに父親の仕事は何?と聞かれ、彼女が答えていました。

それから、番組では父親は林田尚親さんと紹介しています。

 

林田尚親さんは「行列のできる法律相談所」のナレーターを努めており、大原櫻子さんはその番組に出演したことがあります。

番組に出ている林田尚親さんから見て「あがっている」と言ったと言われていますが、この言葉は司会の東野さんが言ったことであり、本当の林田さんの気持ちではないのです。

 

次に彼女は、自分の父親がナレーターですと「おしゃれイズム」で言いました。

そこでは、ゴチになりますで「大誤算」と言っている方が父です、と言ったのです。

 

また、「おしゃれイズム」の中では、父親から習ったトゥワングボイスという発声法を披露します。

トゥワングボイスは、鼻にかけて発声する方法であり、舞台などの時に喉を壊さないように発声する方法です。

普段であれば、鼻にかけて話すと変に聞こえますが、舞台では変にならないようです。



スポンサーリンク

大原櫻子のお母さんは誰?

 

それでは、大原櫻子さんの母親はどんな人でしょう?

母親は一般の方であり、公開されている写真はありません。

 

彼女の母親はとても歌がうまいようで、「母はカラオケでよくアニソンを歌い、アタックNo.1が上手く、100点を出したことがある」と大原櫻子さんがラジオで話していました。

さらにはアタックNo.1には「だけど涙が出ちゃう。女の子だもん」というセリフがあり、これを母親は気持ち込めて歌うと笑いながら話していました。

 

母親は料理がとても得意で、大原さんが通っていた学校には給食が出ませんでした。

小学校から高校まで12年間、お昼ご飯は母親が作った弁当を持参して食べていました。

 

野菜をふんだんに使った栄養バランスのいいお弁当で、可愛いおにぎりが付いたお弁当が基本だったようです。

お弁当のおかずに魚があるときは「魚の骨に注意」というメッセージが添えられていました。

気遣いできる優しい母親であることが窺えますね。

大原櫻子の姉の梅子さんとは?

ある時、彼女のインスタグラムに「双子の姉の梅子とぱしゃり」という投稿をして、これが一時はとても話題になります。

 

 

投稿を見た人からは、すごく似ている、双子なの?という声が沢山ありました。

実はこれは、鏡を使って自分自身を二人に見せた画像で、櫻子にちなんで片方を双子の姉の梅子という、おふざけの投稿だったのです。

 

投稿した後、彼女がネタバレをすると、ファンの方などは、おちゃめでかわいい~などという感じで、笑って見てくれました。

大原櫻子さんが、とてもファンから愛されているので、みんな笑って面白おかしく捉えてくれたのでしょう。

 

ちなみに彼女には梅子さんではないですが、3歳年上の姉のこずえさんがいます。

姉は作家志望であり、出版社に勤めています。

最近は林田こずえという名で、大原櫻子さん主演のショートムービー「サイン」の脚本を担当するようなこともあります。



スポンサーリンク


Pocket