Pocket

 

ドラマの「HERO」での馬場礼子役や、映画「ビリギャル」や「SCOOP!」などで今大活躍の女優さんが、吉田羊さん。

結構遅咲きの女優さんなんですが、知的さを漂わせるその美貌や、気さくな言動で人気がどんどん急上昇しています。

そんな彼女、なんと整形したんじゃないかという噂が立っているんです!

昔の写真に関して、
「まるで鼻フックしてるみたいに、鼻の穴の形が今と違う!」
「鼻の下の線がなんか長くね?」
「今より低いし、膨らんでるような…」
などという意見が!

果たして真相はどうなのか、様々な角度から画像検証して行きます!



スポンサーリンク

吉田羊の鼻を画像で徹底比較!

では、問題の昔の画像と、今の吉田羊さんの画像を比較してみましょう。

今の鼻は、筋が通って先端が尖ったように高く、小鼻の膨らみも小さいように思え、非常に美しい形をしています。

 

 

ところが、昔の画像では、
高いというより横に広がる感じ。

 

 

さらに、上を向いているようで
穴が大きくいびつに見えます。

 

 

印象としては…
確かに昔と今とではぜんぜん違う!

これは整形疑惑が浮上しても不思議ではありません。

 

それくらいの変化があるように思われます。

一体、彼女の顔に何が起こっているのでしょうか?

吉田羊は整形したのか?自然変化の可能性は?

彼女の顔の変化をもって「整形した」と結論付けることは簡単です。

それくらいの変化があるように見えますから。

 

 

ですが、そうで無い可能性を検討しなければ、黒ということはできません。

つまり、整形ではなく鼻の形を変えることができるのかということ。

 

結論から言うと、
変えることが出来るようです。

鼻筋を目頭のあたりから徐々に触りながら手をおろしてみると、骨と思われる硬い部分は目に近いほんの上の付け根あたりだけで、その下はやや硬いですが、押せば凹むくらいの柔らかい素材でできているのが分かります。

 

そう、人間の鼻というのは実は軟骨でできていて、この軟骨は成長したり形を変えたりということが、普通の骨よりも起きやすいということが分かっています。

つまり、この軟骨の形を変えれば、整形せずとも形は変えられるようです。

 

実際ネットでも、マッサージで筋を強調したり、高くしたりといった方法が紹介されていますし、そういった施術をする整骨院もあるようです。

さらに、顔の筋肉を引き締めたり、頬をリフトアップすることで、小鼻の形や向き、そして下の線の長さを変えることも不可能ではないようです。

 

吉田羊さんがそのような施術を行ったかどうかは不明ですが、少なくとも整形疑惑にすぐ黒という判定を下すことは無理があるということが分かりました。



スポンサーリンク

いつから吉田羊の顔は変わったのか?
なぜ変わったのか?

整形したのか?
それともマッサージで変えたのか?

いずれにせよ、画像からすると吉田羊さんの顔に変化があったことは確かなようです。

 

 

では、いったいいつぐらい、そして何らかの施術をしたのならそれはなぜ行ったのか?

その謎に迫ってみたいと思います。

 

以前に紹介した、昔の写真をよく調べてみると、映っている人物の名前は「吉田羊右子」ということが分かります。

 

 

お分かりのように、これは吉田羊さんの本名であり、主に舞台で活躍していた頃に名乗っていた名前です。

 

2007年に現在の事務所に移籍して、映像作品での女優活動を始めます。

現在の芸名に変えた時期は定かではありませんが、活動の場を舞台から映像に移した2007年ころが彼女の転機だったと言うことができます。

 

お客さんの目から遠いところで演技する舞台と違って、アップもある映像の世界では顔の作りが人気を左右すると言って間違いはありません。

つまり、彼女はこの時期に
「顔を変える」
という大きな決断をしたに違いないのです。

 

もともと舞台女優だったわけですから、ほとんど人の目にはふれません。

映像デビューした後も、「HERO」でブレイクするまでには結構苦労を重ねていたようです。

 

 

生活費の面で、事務所に借金をしていたという話も伝わっています。

高額な整形手術をするようなお金が果たしてあったのかと言うことも疑問です。

それより、ブレイクする前に時間をかけて鼻の形を変えていく、そんな余裕もあったはずです。

その方が現実的のようにも感じられます。

 

昔の画像を見ると、美人の素養をもっていて、いわゆる「磨けば光る」という顔に見えます。

 

 

つまり、吉田羊さんはしっかりと顔を含めて自分磨きをして、その結果がブレイクに繋がったのだといえるのではないでしょうか。

 

彼女は年齢非公開ですが、1974年生まれの40代であることが推定されています。

この年齢であの美貌を保つには、それこそ鼻の形を変えるくらいの努力が必要だったはずです。

 

というわけで、今回の整形疑惑に関する結論は、
グレーに近いけれども白
という結論にいたりました!

 

それにしても、遅咲きでもこれほど大活躍役できるというのは、世の女性たちに勇気を与えてくれますよね。

これからも頑張って頂きたいです!



スポンサーリンク


Pocket