Pocket

nishiv-55f44
メンフィスオープンで自身初大会3連覇を達成し、
世界3位も視界に捉えている錦織圭

今回は錦織圭の出身情報、生い立ちエピソード経歴などを細かーく調べました!
今回は少しだけ真面目なスタンスで書きました!

関連記事はこちらをクリック!⇒錦織圭と松岡修造との師弟関係を見てみた!

 

スポンサーリンク

錦織圭の生い立ち、全てはここから始まった!

1989年12月29日、島根県松江市に生まれた錦織圭。

世界に羽ばたく人間になってほしいと
外国人でも発音しやすい名前「ケイ」と名付けられました。

いまや世界のトップ選手達からケイケイと呼ばれまくっております。

ご両親の試みは大成功ですね!

5歳の頃にテニスを始めました。

当時のラケットは、
お父さんの清志さんが会社の社員旅行で
ハワイに行った時に買ってきた
子供用のテニスラケットでした。

清志さんは家族4人でテニスの試合がしたくて
錦織圭君に渡したそうです。

まずは自宅の前で壁打ちを始めたそうです。

それからお姉さんの玲奈さんを交えてテニスに没頭する日々。
公園やゲートボール場でもボールを打ちました。

錦織くんはお姉さんにはまだまだ敵わなかったそうです。
(初勝利は小学6年生の時らしい)。

お父さんも趣味を我慢して参加。
お母さんは点数係。

こうして家族みんなでテニスをする日々だったそうです!

清志さんはテニスを
家族の絆
だと言っています。

そして、好きなことをやらせて、
子供の興味を持ったことは徹底的にサポートする教育方針だったそうです。
素晴らしい!

当時のお写真がこちら!
Kei-Reina-Nishikori-TennisJapan
錦織くん超かわいいですね。
お姉さんも綺麗な感じです。

そうしてテニス開始1年後に松江市にある
グリーンテニススクール
に入りました。
(ここのスクールはいまや錦織圭を輩出したスクールとして大人気です。)

教育熱心なご両親はほかにも
サッカー、水泳、野球、ピアノ、英会話
などいろいろやらせたそうです。

そのなかでも錦織圭はサッカーとテニスにハマり、
サッカーは小学校高学年までやっていたそう。
ポジションはMFでパスを出すのが得意だったようです。

いまでもよくテニスボールを上手に
リフティングしている光景をみますけど
幼いころのサッカーの影響ですね!

ちなみにすごく器用にやります。かなり上手いです。

その一方で、ピアノや英会話は1年も続かなかったらしいです笑。
まあ英語はいまやペラペラですが。

そして忘れてはいけない学校のお勉強は、
周りに遅れてはならないと
ご両親が徹底的にサポートしていたみたいです。

錦織圭のご両親はとても尊敬できますね!

名コーチらとの出会いによってとてつもないテニスの才能が開花されていく!

錦織圭がグリーンテニススクールに通い始めたのは6歳のとき。

ここで出会ったコーチの柏井正樹さんが
中学1年生の夏まで8年間錦織圭を指導することになります!

この柏井正樹さんが名コーチだったのも
錦織圭の才能を引き出すきっかけになったとか!
unnamed
柏井正樹さん

よく思われがちなことなのですが、
最初から錦織圭の才能が優れていただけで
コーチの指導力はあまり関係ないみたいなのありますね。

でも違うんです。すごい関係あるらしいですよ。

柏井コーチの指導力なくしては
錦織圭はここまで強くなっていなかったと思われます。

柏井さんは相当なレベルのテニス理論と指導力を持っていて、
6歳でスクールにやって来た錦織圭の才能をすぐに見抜いたそうです。

柏井コーチ
「まだ体も小さく、体力もなかったが、『もう少し長く』『ちょっと高く』『もっと低く』などと、ボールの軌道に対して指示を出すと、すぐにそのとおりの表現ができた。ボールコントロールが抜群でこれはすごいな、と」

http://dot.asahi.com/wa/2014091700093.html

「ボールコントロールは100人に1人でゲームセンスも100人に1人。2つ合わせて1万人に1人の天才だった」

http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20140905-1361864.html

そして錦織圭に惚れ込んだ柏井さんは、
通常のレッスン以外でも無料で個人レッスンをしたそうです!

そういったことが錦織圭の才能開花に貢献していったのです。

柏井コーチとの出会いはまさに運命的なものだったのです!

さらに小学5年生時には松岡修造と出会い、
修造チャレンジという合宿で鍛えられました。

ここでは主にメンタル的な強化をされ、
キャリアの指針を示されました。
fd140909e00002
松岡修造さん

松岡修造
「今までの日本選手にはいない。テニスの才能は抜きん出ていた。」
「あのフェデラーに似た感覚を持っている圭の才能に魅了された。」
「圭にテニスを教えることができない。圭のテニスは、僕ではわからない次元。」

http://matome.naver.jp/odai/2142236667320926001

松岡修造も錦織圭に初めて会った時から、
柏井正樹さんと同じく溢れでる才能に魅了されました。

松岡修造との関係についてはこちら錦織圭と松岡修造との師弟関係を見てみた!

最近ではコーチについたマイケル・チャンのおかげで、
世界ランキングが10位台で停滞していた錦織圭がTOP5まできました。

それはマイケル・チャンが錦織圭のメンタルを鍛え考え方を改善し、
テニスを基本からやり直させた成果です。

当たり前ですけど努力して強くなったのは錦織圭自身の能力です。

でもコーチの指導によって能力をここまで引き出せたのですね。

マイケル・チャンとダンテ・ボッティーニの記事⇒錦織圭が現在のコーチ、マイケル・チャンの指導で激変したことは?

 

スポンサーリンク

経歴について!詳しく!

それではグリーンテニススクール時代からの錦織圭の経歴を追っていきましょう!

錦織圭の経歴

2001年
小学6年生の錦織圭は、
全国選抜ジュニア選手権、全国小学生選手権、全日本ジュニア12歳以下
で優勝。
この全国3冠は史上5人目だそうです。

こういったとき錦織親子は日本で1位で満足するのではなく、
いま世界で何位なのかをいつも考えていたそうです。

考え方の次元がもう違いますね!

お父さんの清志さんは
錦織圭がテニスを始めてからすぐ天性のものを感じ、
世界一を目指そうと考えていたそうです。

一番最初に世界を見据えたのはお父さんだったのです。

2003年
盛田正明さんの
私設テニスファンド(盛田正明テニスファンド)の審査を受け
強化選手に選ばれた錦織圭は
アメリカのテニスアカデミーへの留学が決まります。

当時は13歳の中学二年生。

この盛田正明さんこそが錦織圭の大恩人になります。

彼が私財を投じて設立したファンドから
多大な金銭的援助を受けたからこそ錦織圭は
アメリカの名門テニスアカデミー
(IMGニック・ボロテリー・テニス・アカデミー)
で鍛錬を積むことができたのです。

もしもこの援助がなかったらいまの錦織圭は間違いなく存在しません!
grid300
盛田正明さんはソニーの創業者である盛田昭夫さんの弟です。

御年87歳!

盛田さんの話
「まだ13歳の子が親元から離れて、異国の地で生活するわけですから、それはご両親も心配だったと思います。

いまでこそ、圭の活躍のおかげで盛田ファンドは有名になりましたが、当時はまだ設立4年目で実績もなかったですから。

でも私たちは、きっと圭が世界で活躍できる選手になると信じていました。

最終的に私たちを信頼して、圭を預けてくれたご両親には、本当に感謝の言葉しかありません」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41896?page=3

盛田さんの言うとおり、
ご両親は13歳の息子を海外に送り出すことをかなり悩んだという。

しかし、

「日本人テニスプレーヤーが弱いのは個の意識が足りないからだ」

「義務教育の途中でっていう不安はありました。でも、(中略)中卒だっていいと思ったし、リスクもある一方でテニスでトップになるには大チャンスだと思いました」

http://dot.asahi.com/wa/2014091700093.html?page=2

というお父さんの考えのもと勇気を出して送り出したそうです。

里心がつくからと携帯も持たせなかったそうです!

お父さんは勝負師でかなりのリスクテイカーらしいですよ。

でもこういったリスクをとらなければ
いまの成功はありえなかったんですね!

素晴らしいです。

錦織圭はこうした周りの大人達に恵まれるという運も持っていたようですね。

アカデミーに所属した錦織圭は
フロリダを拠点にジュニアサーキットを転戦しました。

まさにテニス漬けの日々だったようです。

一緒に行った日本人の選手が弱音を吐くなか
錦織圭は全く弱音を吐かなかったそうです。

テニスの腕もメキメキ上達。

2006年
全仏オープンジュニアでシングルスベスト8、
ダブルスにおいては優勝の快挙!

この大会ではラファエル・ナダルが決勝前に
仮想フェデラーとして錦織圭を練習相手に呼んだことが話題になりました。

この頃からナダルは錦織圭の類まれなる将来性に気づいていたようです。

2007年
プロ転向してジャパン・オープンに出場。

結果は残念ながら一回戦負けでした。

この大会の前夜祭で元世界3位のダビド・フェレールと公開練習をしました。
9571454
試合形式もやりました。
プロになったばかりの17歳の錦織圭は
当時世界8位のフェレールに遊ばれている感じでした。

ただ、管理人も観戦していましたが
錦織のフォアハンドには目を見張るものがありました。

2008年
2月
デルレイビーチ国テニス選手権で予選から勝ち上がり、
ATPツアー初優勝!
t200805
決勝の相手は当時世界12位のジェームズ・ブレーク。

フルセットの末に勝利。

まさかあのジェームズ・ブレークに勝つとは…と驚きました。

18歳1カ月でのツアー優勝は
16歳10カ月の元世界1位レイトン・ヒューイットに次ぐ若さでした!

新聞にはこのことが大きく掲載されました。
世間に錦織圭の名が知れ渡った大会です。

世界では錦織圭はすでに日本のホープとして有名でしたが、
肝心の日本ではまだあまり知られていませんでした。

6月
ナダルが予言

「彼はトップ10、いやトップ5に確実に入ってくるだろう。いや、100%そう確信している。」

http://www.keinishikori.info/200806queens/08queens3rreview-3.html

実際そうなりましたね。ナダルの見る目はすごいです。

8月
全米オープンの3回戦で当時世界4位のフェレールと対戦し、
フルセットの激闘を制しベスト16進出を決めました。

大金星でした。

1年前は弄ばれていた相手に、しかも世界の4位を相手に勝利です。

2009年
右肘の疲労骨折で戦線離脱。
思い切って内視鏡手術を受ける。

この頃左手だけで練習する風景がブログにUPされていました。
左手でも上手かったです。

また、この怪我の影響でランキングを失ってしまいます。
0からのスタートとなりました。

それでも現在は世界5位ですからね。
凄いとしか言いようがないです。

2010年
松岡修造の持つ世界ランキング46位の記録を塗り替える。

スイス室内大会で世界一位のジョコビッチを破る!

もちろん日本人が世界1位を破るのは史上初でした。

……途中ちょっと省略……

2014年
全米オープンで準優勝!

年末にはTOPの8人だけが出場を許されるツアーファイナルに出場!

2015年
錦織圭の戦いはまだまだ続く…

グランドスラム優勝、世界一位へ向けて前進あるのみ!

NEXT⇒錦織圭が熱愛彼女の坪井保菜美と婚約!?(画像)結婚はいつ?! 

 

スポンサーリンク

Pocket