Pocket

滝沢カレンさんと言えば、女優としてもモデルとしてもマルチに活動している方です。

最近では、バラエティタレントとしても活躍する姿を見ることが出来ます。

今回は滝沢カレンさんの本名の噂や出身高校(学歴)はどこだったのかなどご紹介します。



スポンサーリンク

滝沢カレンは本名ではなく芸名か?両親は離婚していた

まず気になるところとしては、滝沢カレンさんの出身です。

 

日本人離れした美貌の持ち主なのでどうなのかなと思っていたら、ハーフだとのこと。

ウクライナ人のお父さんと日本人の母親から生まれたということです。

 

お母さんはバレエスタジオのオーナーをしている、宮沢さゆりさん。(写真左)

 

 

こちらの方も中々に破天荒な性格で、高校を卒業すると同時にバレエをもっと知るため、ソビエトに留学したという経歴を持っています。

いやはや、この母にしてこの子ありということでしょうか。

 

しかも、ちゃんと自分で貯金をして留学を行い、ロシア語をマスターしてしまったというあたりさすがと言うしかありません。

そして、今は日本とロシアの架け橋となって、活躍しているのです。

 

一方、お父さんの方の話はあまり語られていません。

テレビ番組の中で語られたところでは、かなり早い段階で離婚されてしまったそうです。

 

そうすると、滝沢カレンさんの名前は芸名なのかなと推測します。

 

 

画像のようにデビュー当時からこの名前を使っていますが、お母さんと苗字がちがうので、本名とは考えづらいです。

 

そうすると、彼女の本名宮沢カレンなのかもしれません。

 

また、噂によると下の名前は「まりな」だという話もあるので、本名宮沢まりなの可能性もあります。

いずれにしても、本名を明らかにしない、ミステリアスな所も彼女の魅力と言えますね。



スポンサーリンク

滝沢カレンの学歴とは?出身高校や大学の噂

滝沢カレンさんは今でこそモデルとして有名ですが、そうなる前はどのような生活を送っていたのかも気になるところです。

 

そこで学歴を調べてみたところ、日出高校の芸能コースに通っていたということでした。

 

元は日出中学校に通っていて、高校に通うに当たって、モデルとして活動していくことを考えた結果ということです。

たしかに、出席などについても融通が利くでしょうし、良い考えだと思います。

 

しかし、こんな年で立派に考えている辺りはさすがと言った所ですね。

 

それでも、この当時の彼女はいわゆるギャルで、周りとあまり変わらない女の子だったといいます。

軽音楽部に属してベースを担当したり、この当時は恋人がいたりといった青春を送っていたようですね。

 

当時の友人はしばしばテレビに出てきて、当時の彼女について語っている姿を見ることが出来ます。

 

ちなみに、一部の噂で学歴に関して、彼女が法政大学に通っているというものがありますが、これは間違いと言われています。

彼女自身も特にそうした話をしていません。

 

これについてもちょっと調べてみたところ、法政大学によく似た名前の教授がいるようです。

そのため、こんなうわさが出てしまったのでしょう。

滝沢カレンの高校で驚きエピソードがあった?

彼女の高校時代で同級生に関して少々面白いエピソードがあるようで、バラエティ番組で話題になっていました。

彼女の同級生には、今も活躍する有名人がいるのです。

 

こちらの高校の文化祭では、タレント養成科があることもあって、ちょっとしたコンサートのようなイベントが行われたそうです。

高校生とは言え、プロを目指す方たちが集まっているので中々にレベルの高い発表が行われるとか。

 

そこで、とあるビッグカップルによるダンスの演技があったのですが、これが伝説的な話になっているそうです。

一体どんなダンスだったのか分かりませんが、相当思い出に残るものだったそうで、気になりますね。

 

こうしたものに遭遇する辺り、やっぱり芸能コースならではで、彼女もただの平穏な学生生活を行っていたわけではないと思わせてくれます。

 

ちなみに、このビッグカップルに関しては、正体は明かされていません。

今も現役で活躍されている男女なので不都合が出てしまうということでしょう。

 

番組MCの今田耕司さんも本気で聞き出しに行ったのですが、イニシャルを教えてもらって聞いた後は様子が一変。

思わず標準語になってしまった辺り、よほどの有名人だった模様です。

おわりに

さて、滝沢カレンさんのエピソード、いかがだったでしょうか。

こうしてみると、生まれたところからして、エピソードが多く、このぶっ飛んだキャラクターにも納得のお話でした。

これからも頑張って、面白いエネルギーを世界にぶつけていってほしいですね。



スポンサーリンク

Pocket