Pocket

数多くのバラエティ番組に出演し、その独特の日本語で楽しませてくれている滝沢カレンさん。

しかし本業はモデルで、その抜群のスタイルは圧巻です。

そこで今回は滝沢カレンさんの身長体重について、そしてそれらにまつわるエピソードをご紹介していきたいと思います。

小学校時代の画像が衝撃的です。

 

スポンサーリンク

滝沢カレンの身長と体重はどれくらい?

滝沢カレンさんの身長170センチです。

 

 

女性としてはかなり大きいほうですよね。

さすがトップモデルといったところです。

 

最近は身長のないモデルさんも活躍していますが、やっぱり滝沢カレンさんくらいあるとかなりスタイルがよく見えますよね。

 

滝沢カレンさんの体重ですが、公表されていないもののおよそ50キロ弱くらいではないかと思われます。

 

女性で170センチある方の場合の標準体重は63キロくらい、美容体重でも57キロくらいとなっているので、50キロ弱くらいしかない滝沢さんはかなり痩せ型であることがわかりますね。

 

しかし、同じ芸能界で比べてみると、実は滝沢さんはそれほど痩せているほうでもないんです。

 

同じ170センチの方と比べると、例えば西内まりやさんは47キロ、島袋聖南さんは44キロしかないんですね。

さすがに170センチで40キロ台は痩せすぎなので、滝沢さんくらいがちょうど良いのかなと思います。

 

 

ちなみに滝沢さんのBMIはおよそ17.3で、もともと痩せ型ということではなく、見えないところで努力をしているんです。

 

たとえばモデルとしてのお仕事前は食事を取らず、ジュースだけにしているんですね。

過去には5日間固形物を取らず、液体だけですごしたという経験もあるんだそうです。

テレビではお馬鹿なキャラクター全開の滝沢さんですが、実はかなりの努力家なんですね。

 

スポンサーリンク

滝沢カレンの身長はどうして伸びたの?小学生のときから高身長

滝沢さんの身長は女性にしては大きいほうですが、さらに驚いたのはその成長速度です。

なんと滝沢さんは小学5年生の時にすでに168センチあったんだそうです。

 

ただでさえ大きいほうなのに小学5年生で168センチもあったらクラスでも、そして学校全体でもかなり目立っていたのではないでしょうか。

当時のあだ名はダースベイダーだったらしいので、注目されていたことは間違いないですね。

その後2センチしか伸びなかったというのもかなり驚きですが。

 

しかし、なぜ小学5年生でそんなに大きく成長したのでしょうか。

その理由についていろいろ調べてみたところ、滝沢さんの家庭環境に要因があることがわかってきました。

 

滝沢さんの家庭では、食事は基本的に和食が中心で、洋食はほとんど出なかったそうです。

そこからわかるのは、子供が成長するのにとてもバランスの良い食生活を送っていたのではないかということです。

成長期の食事はとても重要ですからね。

 

また、滝沢さんのお母さんはバレエの先生をしていました。

そのせいか、幼い頃の滝沢さんにもバレエを習わせており、普段から立ち方や姿勢についても細かく指導されていたそうです。

女の子にありがちな内股や、がに股にならないようにしていたんですね。

さらに、整体で体全体のバランスも整えていたみたいです。

 

こうしたことが影響して、滝沢さんの体は一気に成長していったと考えられます。

あとはお父さんがウクライナ人なので、遺伝という部分もあるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

身長高すぎ!小学校時代の滝沢カレンの驚愕画像

滝沢カレンさんが小学生時代、どれくらい大きかったかを調べていたら、画像を見つけることができました。

どうやらテレビ番組でもこのことは紹介されていたようで、当時の映像が流れていたようです。

 

さて、その問題の画像をみてみましたが…圧倒的に滝沢さんが大きすぎます!

 

 

おそらく、運動会かなにかの時の画像だと思うのですが、一応他の生徒と同じように赤い帽子をかぶり、上は白いTシャツで下は紺色の短パンをいているものの、サイズ感が周りのほかの生徒と違いすぎます。

まるで子供の集団の中に一人大人が混じっているような雰囲気です。

 

確かにこれならダースベイダーというあだ名をつけられてしまっても仕方ないと思うほどです。

 

 

まあ当時はきっと本人も自分だけ大きすぎることが相当コンプレックスだったに違いありません。

 

しかし、今はその抜群のスタイルのおかげでトップモデルとして活躍できていますし、さらにはその独特なキャラクターを生かして数々のテレビ番組で活躍できているので、やっと大人になって報われた形ですね。

これからもたくさんテレビに出演して楽しませてほしいものです!

 

スポンサーリンク

Pocket


合わせて読みたい!