Pocket

近年テレビのバラエティ番組ではお馬鹿を売りにしたタレントさんがかなり活躍しています。

そんなお馬鹿タレントの中でも特に注目を集めていて今大人気なのが滝沢カレンさんです。

今回は滝沢カレンさんのおかしな日本語や、どうしてな日本語になってしまうのかなどいろいろ調べてみたいと思います!

なかにはわざとか(演技ではないか)と批判する人や病気障害ではないかと心配する人もいるそうです。

 

スポンサーリンク

滝沢カレンのおかしな日本語

滝沢カレンさんは、見てすぐわかりますがハーフです。

お母さんは日本人ですが、お父さんがウクライナ人なんですね。

 

「そうか、幼いころウクライナで育ったから日本語が不自由なのか!」と簡単に納得してしまいそうでしたが、実は滝沢カレンさんは日本生まれの日本育ちなんですよね。

 

ですから、滝沢カレンさんの日本語がおかしい理由にハーフだということは関係ないようです。

お馬鹿タレントさんで日本語がおかしかったり、しゃべり方が変という方は他にもたくさんいますが、滝沢カレンさんの日本語の間違え方はかなり独特ですよね。

 

 

どちらかというとお馬鹿というよりも、外国人が間違って覚えてしまった日本語の使い方って感じがします。

日本で育っているのにもかかわらず不思議なところですね。

 

でも、そんな滝沢カレンさんを見ているとなんだか楽しくなってついつい出演しているテレビ番組を見入ってしまうのは、彼女の魅力なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

変な話し方をする滝沢カレンの評判は?わざとだと批判する人も

不思議なしゃべり方で人気の滝沢さんですが、その評判はどうなんでしょうか。

テレビ番組などに出演している滝沢さんを見ていて、特にいやな印象はありませんよね。

 

 

でも、中には滝沢さんのあのキャラクターを作っているとかわざとだという風に見ている方もいるようです。

わざと下手なしゃべり方をして注目を集める姿があざといなんていう風に言う方もいます。

そういう風に見ている方からすると、その作っているキャラクターが見ていて不快に感じるみたいです。

 

実際のところ本当にキャラクターを作っているのかどうかという点については、以前滝沢さんがダウンタウンDXに出演した際に、松本人志さんからもわざとではないかと突っ込まれており、その際はかなり必死になって否定している姿がありました。

しかし、一緒に出演していたモデル仲間から、楽屋では普通にしゃべっていたという話を暴露されてしまったんですよね。

 

これが冗談で言ったのか本当の暴露なのかはわからないですが、テレビを見ていた視聴者の中には作っていたキャラクターを暴露されたと捕らえた方も少なくなかったはずです。

そしてこの一件で、滝沢さんはキャラクターを作っているというイメージがかなり広まってアンチも増えたみたいですね。

 

ただ、それでも滝沢カレンさんのことを好きな方もたくさんいて、その見た目がかわいいというのはもちろんですが、それ以外にも見ていて楽しいとか面白いと感じている方も多数います。

だからこそ、今こうしてたくさんのバラエティ番組に出演して大活躍されているんですよね。

 

スポンサーリンク

滝沢カレンの日本語はなんで変なの?病気や障害の可能性は?

滝沢さんの不自由な日本語が作っているキャラクターだという方がいる一方で、あれは何かの障害や病気なのではないかと心配する声もあります。

たしかに、あそこまでおかしいとそういった何か別の原因があると考えられても不思議ではありませんよね。

 

そこで、滝沢さんがなにか障害をもっていたり病気ではないかという点について詳しく調べてみました。

すると、言語障害や発達障害なのではないかという声もありましたが、決定的なものはなく、逆に滝沢さんのお母さんの証言を見つけることができました。

 

以前、滝沢さんのお母さんが人気番組「行列のできる法律相談所」に出演していたことがあって、そこで滝沢さんの言葉がおかしくなってしまったのは自分のせいだと語っていたんですね。

その理由は、滝沢さんのお母さんのお仕事にありました。

 

滝沢さんのお母さんはロシア語の通訳のお仕事をしていた為、周囲には中途半端な日本語を話すロシア人がたくさんいたんだそうです。

それを幼い頃に滝沢さんはたくさん聞いていた為、大人になった現在でも言葉がおかしいのだというんです。

 

 

確かに幼少期に覚えてしまった言葉が抜けないというのは納得がいきます。

しかも、滝沢さんの言葉がおかしいのは、外国人の間違った日本語の使い方に良く似ている気がしますね。

 

あともうひとつ原因として考えられるエピソードがありました。

それは、滝沢さんが子供の頃は両親から勉強しろとあまり言われなかったようなんです。

 

 

その代わり運動は得意だったようですね。

どうやらそういう両親の教育方針も多少今の滝沢さんの話し方に影響しているようです。

 

そして現在、あちこちで自分の話し方がおかしいことを指摘されているので、変だということは自覚しているみたいですが特に直そうとは思っていないらしいです。

なぜかというと、自分のおかしな話し方で、みんなが笑ってくれるから本人としては「これでいいんだ」と思ったみたいなんです。

 

 

確かに、ただのハーフタレントはたくさんいますから、滝沢さんのような個性を持っていないと、今のようにたくさんお仕事をもらうことはできないですからね。

ハーフでモデルで美人なのにしゃべると面白いというのはかなり強みになるでしょう。

 

スポンサーリンク

滝沢カレンは日本語以外にも話せる言語がある?

滝沢さんは日本人のお母さんとウクライナ人のお父さんの間に生まれたハーフですので、もしかしたらウクライナ語が話せるのかもしれないという話題がありますが、調べてみたところ滝沢さんはウクライナ語はまったく話せないようです。

また、英語はどうなのかについても調べてみたんですが、やはりこちらも話すことはできないようです。

 

まあハーフだからといって必ずしも外国語が話せるとは限りませんよね。

滝沢さんの場合、日本とウクライナのハーフではありますが、生まれも育ちも日本なので外国語とはほとんど縁がないんですね。

 

 

仮に話せるとしたらウクライナ語よりも、お母さんが通訳のお仕事で使っていたロシア語の方がまだなじみがあるのではないでしょうか。

滝沢さんのあの見た目で英語やウクライナ語やロシア語が話せたらかなりかっこいいんですけどね。

 

スポンサーリンク

Pocket


合わせて読みたい!