Pocket

福岡のいちローカルアイドルグループの一員だった橋本環奈は、ファンが撮影した奇跡とも言える写真が話題になり、瞬く間に全国区のトップアイドル、女優に成長しました。

10代半ばで注目され始め、その年齢で雑誌ananの表紙を飾るという偉業を成し遂げた彼女は、今では映画やドラマ、バラエティにCMにと見ない日は無いほど人気者になりました。

今回は彼女の話題の卒業アルバム写真の紹介をはじめ、出身高校偏差値、また大学には通っているのかなど調査しました!



スポンサーリンク

橋本環奈の卒アル写真も千年に1人の美少女だった!高校はどこ出身?

橋本環奈は福岡県出身の博多娘で、地元をとても大事にする性格のようで、高校生の時に売れたのですが東京の高校に転校するということはしませんでした。

福岡市立城南中学校を卒業した彼女は、そのまま地元の博多女子高校に進学するという一般的な道を選んでいます。

 

高校は男子生徒のいない女子高を選んでくれるなんてところは、男性ファンとしてはちょっとほっとしてしまいますよね。

中学生や高校生のときは朝が苦手で、目覚まし時計をなんと8個も使ってなんとか起きて学校に通っていたそうです。

そしてコンビニで期間限定や新発売のお菓子を買うのが大好きでだったという彼女、本当に普通の中高生だったのですね。

 

そして彼女の中学校の卒アル写真が流出したのですが、この写真はやはり普通の学生とは言い難い眩しすぎる一枚でした。

 

ごらんください、この中学三年生の天使を。

ふつうに髪の毛を二つに束ねた、いわゆる真面目な女子学生という感じですが、この少し笑みを浮かべた表情はもう完全に出来上がった女神様ですよね。

こんなかわいい中学生がいたら、この学校中どころか福岡中から彼女を見にやってくるのでは、と思ってしまうほどかわいいですよね。

もうこのころから千年に1人の美少女は出来上がっていたわけです。

 

そんな彼女、クラスではおしゃべりが大好きで、顔に似合わないハスキーボイスはそのせいだと自身でも言っているぐらい良く話す女の子だったようで、友達も多く楽しい学生生活が送れていたようですね。

日本一とも言える美少女なのに、気さくで友達も多いなんて、非の打ち所がなさすぎてますます好きになっちゃいますよね。



スポンサーリンク

橋本環奈の高校のコースや偏差値は?どこの大学へいくのか噂に

 

全国区での仕事が忙しくなり、東京と福岡を飛行機で移動することが多くなった橋本環奈、本当に頑張り屋ですよね。

こういう場合、ほとんどのアイドルは東京の高校に転校してしまうのですが、彼女は母校である博多女子高をちゃんと卒業するまでは地元での学業と東京での芸能活動を並行しており、本当に頭が下がりますよね。

 

そんな彼女は2016年、高校3年生の新学期にツイッターで、もう受験生だ、と言った内容をつぶやいており、この内容からファン達はきっと東京の大学に進学するのだろうと予想しました。

 

彼女の通っていた博多女子校は中高一貫教育のある私立高校で、進学コースだけではなく特別進学コースもあります。

この学校の偏差値は特別進学コースで53、進学コースで47、トータルビジネス科が45くらいと言われており、彼女は特別進学コースに在籍していたという噂があるのです。

また、この学校は彼女が所属している福岡の芸能事務所、アクティブハカタからすぐ近くにあるため、この学校に進学することを決めたという噂もあります。

 

大学に進学するのが当たり前のクラスなので3年生になったら受験生だと言ってしまうのは当然のことだと思いますが、それでファンの間ではどの大学に進学するのかが噂になり、東京のどこの大学になるだろうといった議論がネット上では繰り広げられました。

橋本環奈がブログで感動的な報告。大学進学はしません

 

2016年9月16日、彼女は自身のブログに幸せ☆、というタイトルで、毎日博多女子校で笑いすぎて腹筋が痛くなると日々の楽しい雰囲気を綴った後に、しっかりと自分の言葉で私は受験しません、と卒業後は大学に行かず芸能活動を続けていくことを宣言しています。

この宣言、とても感動的ですよね。

地元の学校で楽しい仲間に囲まれて学生生活を送っていたけど、自分は上京して芸能活動に専念するんだ、という強い意志が現れているようです。

 

その後ツイッターで、受験生だと言って誤解を招いてしまったことを謝罪したため、彼女の大学進学の噂はなくなりました。

この丁寧な対応と、芸能活動に集中するという意思の強さが感じ取られ、1人の10代の女の子が人生の岐路に立たされながらも自ら答えを出したというのは本当に感動的ですよね。

小さな天使のような女の子が一生懸命がんばる姿を見せてくれ、ファン達はこれからも彼女を応援し続けていくと誓ったことでしょう。



スポンサーリンク

Pocket