Pocket

今注目の若手実力派女優芳根京子ちゃん。
弱冠20歳ですけど、ここまで順風満帆な人生を送ってきたのか、
というとそうではないようです。

実は病気(難病)を患い、それを克服して今があるとのこと。
それが今の芳根京子ちゃんの性格、仕事っぷりに関係しているようですね。

 

スポンサーリンク

中学生で難病『ギランバレー症候群』を発症

NHKの朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインを演じて
老若男女たくさんの人の注目を浴びた女優、芳根京子ちゃん。

その後もTBSドラマ『小さな巨人』にも
出演するなど引っ張りだこで、
元気いっぱいのイメージがありますよね。

オフィシャルブログ『芳根京子のキョウコノゴロ』を
見ても元気っぷりがうかがえます。

 

だけど、芳根京子ちゃん、
実は難病を患っていたって知ってますか?

もう完治しているそうですが、
たぶん名前だけは聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

『ギランバレー症候群』
という国が難病指定している病気です。

 

ギランバレー症候群、私はどんな病気かイマイチわかっておらず、
調べてみると、
「左右対称性の四肢筋力低下…髄液検査がどうたら」
ちょっと難しい言葉が並んでいました。

簡単にいえば
10万人に1~2人の割合で発症、
手足の筋力が低下して動かしづらくなる、
半数の人は顔面の筋力も低下してしゃべりにくい、
飲み込みにくいっていう症状もあるとか。

人工呼吸器が必要になることもあり、笑顔もなくなる、
場合によっては死に至ることもある難病のようです。

中学2年生で難病に。その時の芳根京子ちゃんの気持ちは…

芳根京子ちゃんはこの難病を
中学2年の時に発症したみたいです。

実際にブログに寄せられた質問に
回答していますから間違いないですね。

この病気って2~4週間でピークを迎え、
半年~1年で完治することが多いみたいですけど、
中学2年でこんな難病にかかるなんて
ショックだったでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

実際にどんな症状だったのかはわかりませんけど、
人工呼吸器をつけたり、
飲み込めないので点滴だけだったり、
手足も動かない、顔の表情もうまく作れない、
なんてこともあるみたいですからね。

中学2年っていうと、部活に恋愛に、
そして女子なんていつまで話すんだ、
ってくらい女子トークは止まりませんよね。

ピーク時はそれどころじゃないんでしょうけど、
それを過ぎたって完治するまで、
うまく手足が動かない、うまくしゃべれない、
なんてことになりますから。
中学2年生には酷過ぎる現実だったのでは…。

 

芳根京子ちゃんはその時のこともブログで触れていて、

「病気になると、笑顔になるのって難しいんですけど、
気持ちで負けないようにとにかく楽しいことを探していた」

とか

「周りのみんなとお話ししたりコミュニケーションを
とることが一番笑顔になれる」

なんてポジティブなコメントがありました。

普通の人がこのコメントをしたら
偽善に思われちゃうかもしれませんけど、
難病を克服した芳根京子ちゃんだから深いですよね。

なんて前向きな中学2年女子なんだ!
って思いましたよ。

 

スポンサーリンク

前向きな性格が難病を克服できた

よく「神様は乗り越えられる人にしか試練を与えない」
なんて言いますけど、
まさにその通りかなって
芳根京子ちゃんのコメントを見て思いました。

うまく話せない、手足も動かない、表情もうまく作れない、
ってなると、中2女子なら引きこもっちゃいますよ。

それを逆にお喋りしたりコミュニケーションを
とったりしたっていうんですから、すごいですよね。

 

その他のコメントでも
「1年間くらいは普通に学校に通うのも難しかった」
って言ってますから、
やっぱり大変だったんだなって想像できますね。

難病が1年で完治する、
って聞くとたいしたことがないのかなって思うかも知れませんけど、
実際にその1年は地獄だったんじゃないかな。

しかも一番学校が楽しい時期ですから余計気の毒ですよね。

 

そして芳根京子ちゃんの驚くべきところは、
「完治してからは急激に足が早くなった」
って、
逆に病気になって変わった的なコメントもあるんですよ。

もちろん病気の影響で完治したら運動能力が格段にアップする、
なんてことはないと思いますけど、
たぶん前向きで頑張り屋な芳根京子ちゃんだからこそ、
完治して大活躍しているんだな、って思いますね。

難病を克服した経験が活きている!?謙虚さこそが芳根京子ちゃんの魅力

あくまで私の憶測ですけど
芳根京子ちゃんにとって
ギランバレー症候群にかかってしまった経験が
今に役立っているじゃないかな。

映画やドラマのスタッフからの評判もよくて、
20歳なのに心遣いも抜群なのだとか。

きっと病気の時に
いろいろな人に支えられた経験が活きているのかな、
って思わざるをえませんね。

 

小さい頃から可愛い子って、
ちやほやされてきているから
女王気取りの子って多いですもんね。

きっと芳根京子ちゃんがギランバレー症候群を克服した、
ってことを知ったら、
今同じ病気で苦しんでいる人も
勇気を与えられるじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

Pocket


合わせて読みたい!