Pocket

芳根京子ちゃんの演技力については、
「表情の演技が下手」、「泣く演技が上手い」、「どんな役でもこなすから上手い」
など賛否両論あるみたいですね。

私は演技は上手いと思いますけど、どうなんでしょう。
世間はどう思っているんだろう、プロの評価はどうなんだろう。
ちょっと調査してみました。

 

スポンサーリンク

ヒロインの演技力とドラマの視聴率は直結?

芳根京子ちゃんはNHKの朝ドラ『べっぴんさん』の主役、
その他にも『表参道高校合唱部!』でも主役、
その他いろいろな話題のドラマにも出て活躍していますね。

若干20歳でこれまでいろいろなドラマや映画に出ているってことは
注目の女優で間違いないですね。

 

でも、芳根京子ちゃんの演技力について
賛否両論あるみたいです。

私の第一印象は演技力あるなぁ、上手い、って感じたんですけど、
『演技下手』
との酷評も意外と多いみたいです。

というか、
演技下手だったらNHKの朝ドラの主役になんて
中々なれないと思うんですけどね。

もちろん過去には誰とは言いませんけど、
演技下手クソだな、って思う朝ドラヒロインいましたけどね(笑)。
芳根京子ちゃんに関してはそんな感想なかったかな。

 

そして、主役の演技力って、
やっぱりそのドラマの人気にも直結するんじゃないかな。

結構主役の演技がイマイチだった朝ドラ、
人気なかったですよ。
『べっぴんさん』 の視聴率って意外と高くて20.3%。
ちなみに、
『あまちゃん』が20.6%、『梅ちゃん先生』が20.7%と
話題作と同じくらい視聴率良かったですからね。

ちなみに、私が個人的に演技が下手だと思ったヒロインの朝ドラは、
2010年以降ではワースト1、2を争うくらい悪かったですよ。

 

スポンサーリンク

高校生役から60歳のおばあさん役までこなす高い演技力

朝ドラのヒロイン役を演じているのを見て、
若い頃はもちろんあの時代の学生っぽいし、
30代の役も合っているなって思いました。

さすがに最終週くらいの
60歳近くになると無理がありましたけど、
この子20代後半くらいなのかな、
って思っていたんですよ。

そうしたら、
なんと20歳ってことでまたびっくりしました。
20歳でこの演技できるのかって。

 

そして、『表参道高校合唱部!』の映像見たら、
やっぱり可愛い!若い!

ってことは、
若い子の役も、30代の役も違和感ないってことですから、
やっぱり演技力があるってことなんだと思いますけどね。

 

そして最近知ったのは、
NHK朝ドラ『花子とアン』にも出演していたってこと。
私は朝ドラ見ているので、結構知っているはずだったのに、
気がつかなかった。

もちろん、準主役の蓮子さんの娘役だったみたいで、
まぁ言うなれば“脇役”ですよね。
脇役が目立っちゃいけない、ってことを考えれば、
それこそ脇役に徹することができる演技力って言えますね。

 

スポンサーリンク

芳根京子ちゃんの演技力はプロも絶賛!

芳根京子ちゃんは
「オーディションで会いたくない女優No.1」
らしいです。

どういうこと!?って思ったら、
芳根京子ちゃんは昔からオーディション荒らし、
としても有名らしく、
オーディションに来ると芳根京子ちゃんが合格してしまうので、
他の参加者がオーディション会場で芳根京子ちゃんを見かけると、
「今日はダメだ」
って思うみたいです。

それだけ、プロの目からも
演技力が秀逸に見えるってことみたいですね。

 

そして共演者の俳優さんたちも
芳根京子ちゃんの演技を絶賛してますよ。

『小さな巨人』で共演した長谷川博己さんは
「ワンシーンだけでグッとくる」、

安田顕さんは
「この人はすごい。香川照之さんが
芳根京子さんに寄り添った演技をしている」、
と評価。

さらには演技派俳優香川照之さんも
称賛しているくらいですから。

 

もちろん、演技を見るのは視聴者ですから、
プロがなんと言おうと視聴者がドラマや映画に
入り込む演技ができるのが一番だと思います。

もちろん、私も視聴者の一人ですから、
私の意見としては、
20歳にして落ち着いた30代女性の演技ができる、
そして20歳が60歳のお婆さん役をするという
あり得ない演技すらこなしてしまう、

ってことは
やっぱり高い演技力のなにものでもないと思いますね。

 

スポンサーリンク

一般人の芳根京子ちゃんの演技力に関するコメントを紹介

また、他の口コミも見てみると、
「叫ぶ演技がヘタクソ」とか
「表情の演技が下手くそ」
なんて一部否定的なコメントもありますね。

確かに、芳根京子ちゃんの叫ぶ演技って
イメージわかないですけど、
どちらかっていうと
落ち着いた演技の方が向いているんでしょうか。

実際、芳根京子ちゃんの演技力が高い、
という方は
「泣く演技が凄い」とか
「難しい役をこなしている」
って言うコメントが多いですね。

また私の意見と同じで
「母親役、お婆さん役までこなせるのは演技力があるから」
って言う人もいますね。

泣かせる演技が凄いってとこでしょうか。

とはいっても、まだ20歳そこそこですからね。

 

これからますますいろいろな役を経験していったら
凄い女優になっていくんじゃないか、って思いますよ。

きっと叫ぶ演技だってイケるようになると思います。

『べっぴんさん』では若干19歳で60歳の役まで
こなしちゃいましたから、
何歳の役だって大丈夫じゃないですか?

もしかしたら30歳になっても
女子高生の役もこなしちゃうかも。
可愛い顔しているので大丈夫ですよきっと。

芳根京子ちゃんの演技力についてまだ否定的な意見の方も、
これからも長い目で見てやってほしいと思いますね。

これからどんな女優に成長していくのか、
見守っていきましょう。

 

スポンサーリンク

Pocket


合わせて読みたい!