Pocket

いま大注目の若手女優・杉咲花
そんな彼女の両親について、今まで様々な噂が流れていました。

早くから、2世タレントであることが指摘されていたので、
少なくとも、父親か母親どちらかがタレントであろうと噂されていたんです。

調べてみて、杉咲花の両親が何者なのか、判明しました。

父親は木暮武彦、通称シャケと呼ばれるミュージシャン。
母親は、チエカジウラという歌手だったのです。

一体、この木暮武彦(シャケ)と、チエカジウラというのは
どんな人物なのか?
今回は杉咲花の両親について、調査してきました!

 

スポンサーリンク

杉咲花の父親・木暮武彦は何者?なぜシャケ?

80年代のロックシーンに興味がある人ならば、
REBECCA(レベッカ)というバンド名を聞けば
「フレンズ!」とあの名曲の名前を答えることでしょう。

ボーカルのNOKKOの歌声と共に現在も活動を続け、
いまだにファンが多いレベッカ。

 

杉咲花の父親である木暮武彦(シャケ)は、
このレベッカの初代リーダーでした。

ちょっと音楽に詳しい人ならば
「え!?レベッカのリーダーって土橋安騎夫じゃないの?」
と思う人もいるでしょうが、
土橋さんは2代目。

1984年のデビュー当時のリーダーは
ベーシストの木暮武彦でした。

 

ところが、
デビューして1年も満たない1985年1月には、
音楽性の違いを理由にして
木暮武彦はレベッカを脱退してしまいます。

あの名曲「フレンズ」大ヒットしたのは、
その後だというのは皮肉なことですね。

 

ところが、その後、
木暮武彦は1990年にレベッカのボーカル・NOKKOと結婚します。

実は、二人はレベッカ結成前から付き合っていて、
小暮さんはレベッカ脱退後の1989年に渡米するんですが、
それをNOKKOが追いかける形で結婚したというわけです。

このことから、
一時期杉咲花の両親はこの二人、
つまり母親はNOKKOじゃないのか
という噂が流れます。

しかし、結婚後数年で二人は離婚してしまいますから、
NOKKOが杉咲花の母親というのはありえません。

 

その後、小暮さんは杉咲花の母親となる
チエカジウラという歌手と1996年に結婚。

1997年、花さんが誕生します。

ところが、この結婚も2000年、
花さん3歳の時に破局。

花さんは母親のチエカジウラさんに引き取られます。

 

スポンサーリンク

 

まあ、なんとも恋多き男性なんですね、
杉咲花の父親というのは。

なにせ、この後2003年に、
現在の奥さんである裕子さんとの間に男の子・青葉くんが生まれ、
山梨県の富士河口湖町に移住します。

2004年には正式に籍を入れて、
3度目の結婚をし、
現在も富士河口湖町の自然に囲まれながら
音楽活動をしているそうです。

 

ということは、
杉咲花と、この青葉クンは
腹違いの姉弟ということになるんですが、
あまり交流は無いように思われますね。

東京で人気女優として活躍している姉と、
自然の中でのびのび育つ青葉クン。

なかなかに複雑な関係で、
ふたりが仲良く会話するようなことはあるんでしょうか?

 

さて、余談ですが、
木暮武彦の愛称・シャケとは一体どういうことなんでしょう?

魚のシャケが好きだから?
顔がシャケに似てる?

どうやらそういうことではないようです。

現在も使っている
彼のアーティスト名が「木暮“shake”武彦」。

この“shake”ってのは、
「振る」とか「混ぜる」といった意味の英単語。

音楽用語としてもよく使われ、
JAZZでもトランペットとかの奏法として
その名前が出てきます。

ロックでも「ダンスしよう」「ノリノリ」
みたいな意味で使うことがあります。

このshake。
そのままローマ字読みをしてみてください。

「シャケ」。

はい、これが愛称の由来。
単純な話でした。

 

スポンサーリンク

杉咲花の母親・チエカジウラって何者?娘とはどんな関係?

1996年に花さんを産んだのが、
チエカジウラなる人物。

「チエカ・ジウラって一体何人なんだ?」
って思いましたが、
「チエ・カジウラ」さん。
日本人です。

杉咲花の本名が「梶浦花」なわけですから、
お母さんも「梶浦ちえ」さんなんでしょうけど、
「千絵」さんなのか、
「智恵」さんなのかは分かりません。

 

でも、調べてみるとこのチエ・カジウラさん、
アニメファンの間では超有名な歌手だったんです!

「マクロス7」の「歌ミレーヌ」と言えば、
アニメファンならピンと来る人も多いはず。

テレビアニメの「マクロス7」劇中に
「Fire Bomber」というロックバンドが登場します。

このバンドのボーカルがミレーヌ・ジーナス。

ミレーヌの声を演じたのは声優の櫻井智なんですが、
歌唱部分を担当したのがチエ・カジウラだったんです。

その為、
ファンの間では「歌ミレーヌ」という名で呼ばれていて、
その劇中歌である「…だけどベイビー!!」
で正式にデビューします。

ちなみに、この曲オリコン初登場15位と、
なかなかのヒットを飛ばしました。

 

その後、杉咲花さんが生まれ、
子育てのために一時活動を休止しましたが、2004年に復帰。

間寛平とレゲエアルバムを作ったり、
元GO-BANG’Sの森若香織のアルバムに参加したり、
「マクロス」シリーズの主題歌を歌ったりと、
精力的に活動を続けています。

 

では、一緒に暮らしている杉咲花との関係はどうなんでしょう。

今回、二人の姿を目撃した情報を
手に入れることができました。

二人一緒に買物をしながら手を繋いでいたそうです。
非常に仲の良い母娘のようですね。
よく二人で買い物に行っているようです。

さらに、チエ・カジウラさんも誕生日や母の日に、
花さんからプレゼントをもらったことを
ツイッターなどでつぶやいたりしてますから、
これまで複雑な関係にあった家族ですが、
その関係性は良好なようです。

何にしても両親ともに
一流ミュージシャンであることが分かった杉咲花。

今後、音楽の世界でも活躍が期待できそうなのは
言うまでもありませんね!

 

スポンサーリンク

Pocket


合わせて読みたい!