Pocket

若い頃から芸能関係の仕事をしていると学力は低いというイメージもあるのですが、
中条あやみさんはどんな中学・高校時代を過ごしたのか!?
偏差値も気になります。

また、ハーフへのイメージとして多いのは、
外国語も堪能というものではないでしょうか。

逆にギャップがある感じで日本語しか話せないというものもありますが、
中条あやみさんの場合はどうなのでしょうか。

彼女に対する噂の中には、英語力がなくて下手というものもありますが、
果たしてそれが本当のことなのか気になるところです。



スポンサーリンク

そもそもどうして英語が下手という噂が出てきたのか

中条あやみさんはしっかりと標準語で話すこともできますが、
基本的には関西弁で会話をするようです。

大阪出身と言うこともあって
これも特徴の1つとなっているのですが、
このこととハーフっぽくない外見が合わさって、
純粋な日本育ちで語学力はない
というイメージが持たれやすいのかもしれません。

日本人離れをした外見の女性が増えている中、
中条あやみさんの場合は
言われなければハーフと気づかない人もいます。

逆にハーフと言われたら、
そうとしか見えない特長を持っているのですが、
先入観は大きな影響を与えるのかもしれませんね。

 

ちょっと話がそれてしまったので話題を元に戻します。
ハーフっぽくないところが特徴の1つである彼女ですが、
語学力に関しては全く問題がないレベルだと判明しています。

彼女の場合、父親がイギリス人なのですが、
お互いに異なる言語で会話をするそうです。

中条あやみさんは関西弁で話し、
父親は英語でしゃべるという不思議な状態なのだとか。

端から見ていると混乱しそうな状況ですが、
これでしっかりと会話が成立しているそうです。

お互いがバイリンガルの場合は、
こういう会話ができるのかもしれませんね。

 

まずこの時点で、
彼女はしっかりと英語を聞き取って
理解をできることが判明しました。

彼女自身も日常会話程度のリスニングはできると言っているので、
この点は間違いありません。

 

そうなってくると気になるのが、
聞いて理解をするだけではなく、
自分から英語で話すことができるのかどうかです。

リスニングはできるという言い方だと、
それ以外は苦手なのではないかと考えてしまいますが、
これも謙遜だったようです。

以前に放送された「アナザースカイ」で
10年ぶりに帰郷した際は、
流ちょうな英語で会話をしている姿がありました。

これで英語力がないとか下手というなら、
まともに英語ができる日本人なんて
極めて少ないのではと言えるくらいです。

以上のことを踏まえると、
中条あやみさんの英語力が低いという噂は、
単なるイメージが先走ってしまったものだと言うことがわかります。

 

ハーフなら絶対に外国語ができるとは限りませんが、
両親との会話やその親類との会話など
外国語に触れる機会は多いので、
下手と言われるようなことになるのは少ないのかもしれません。

完全にネイティブな人と比べたら
英語力が低いということになるのかもしれませんが、
日本人からすれば、
自然に英語を使えていると言えるレベルなのは間違いありません。

 

ちなみに彼女の場合は
フランス語でも会話ができるようです。

ここまで来れば、
語学力が低いという話は完全にデマだとわかりますね。



スポンサーリンク

気になる中学や高校時代は?学力はどうだったのか?

中条あやみさんは
大阪府大阪市阿倍野区にある
「阪南中学校」
を卒業しています。

中学時代はバドミントン部に所属をしていたそうで、
スポーツが好きな中学生だったようです。

 

そして高校は、
大阪市平野区平野西にある
「大阪府立東住吉高校芸能文化科」
を卒業しています。

芸能文化科を専攻していたそうです。

 

高校の制服画像がこちら。

可愛らしいですね。

 

中学時代に引き続き高校時代も
バドミントン部に所属していたようですが、
実際には仕事が忙しくて
部活にはなかなか参加できなかったそうです。

 

こうなると気になってくるのは、
学力はどうだったのかです。

東住吉高校の偏差値は50から55となっているため、
平均的な高校と言えます。

しかし仕事が忙しくて
なかなか部活ができなかったとなると、
勉強のほうも同じような状態ではないのかという疑問が出てきます。

 

しかしそこはさすがと言うべきか、
「学校生活をおろそかにしたくない」
と話していて、
真面目に通って
学校行事にも休まず参加していたそうです。

仕事の時には大阪から東京まで通っていたというのですから、
真面目な生徒だったとわかりますね。

芸能活動を言い訳にして
手を抜くことをよしとせず、
勉強も部活も可能な限り頑張っていたというのですから、
学力が低かったと言うことも
なかったのではないでしょうか。

さすがに実際の学力がどうだったのかという情報はありませんが、
聞こえてくるエピソードを見る限りでは
そんなこともないと思います。

 

また先ほども話題に出しましたが、
英語だけではなくフランス語も流ちょうに話せるということもあり、
彼女自身はとても頭が良いという印象を受けます。

芸能人の場合は、
どうしても学力を売りにしている人でもない限り、
勉強はそれほどできなさそうというイメージを
持たれることが多くありますよね。

そう見えるキャラ作りをしている人がいることもありますが、
少なくとも中条あやみさんの場合は、
しっかりと勉強にも力を入れていた中学・高校時代を送っていた
と言うことになるので大丈夫でしょう。



スポンサーリンク

Pocket