Pocket

140706_03
セルビアのテニスプレイヤーであるジョコビッチ結婚式を挙げました。
今回は、彼の結婚式についてや赤ちゃんのことについて書いていきます。

スポンサーリンク

セルビアのジョコビッチ(27)はウィンブルドン2014決勝戦でフェデラーとのフルセットマッチの激闘の末、3年ぶり二度目の優勝を果たしました。

優勝後、彼は
「このタイトルを将来の妻と子供に捧げる」、「テニスのことはしばらく忘れる」
と語っていました。

そのわずか4日後の7月10日、ジョコビッチは身内だけの結婚式を挙げました。

img_c22d2c03c27eb1808c34db65ac8fb134170882

会場はモンテネグロのアドリア海沿岸の高級リゾート地、スヴェティステファン近郊のKraljicinaです。
会場周辺は報道陣が入れないように外部から遮断されたということです。

会場近郊の様子
img_630b47d8670cbcc67bba380c1ffdf8a2199283

お相手のエレナ・リスティッチさんとは高校時代に出会いました。
2人は8年以上交際してきたということです。

エレナさんは妊娠しており、年末には第一子となる赤ちゃんが生まれる予定です。

エレナさんはセルビアベオグラード生まれ。年齢はジョコビッチより1つ年上です。
お仕事はモデル・女優業だそうです。

img_742ef0e7bbecd621fcc85ac4e71647eb146051

地元メディアによりますと、結婚式には140人が招待されており、ジョコビッチのコーチであるボリス・ベッカー氏とマリアン・ヴァイダ氏、仲の良い友人であるマリア・シャラポワ(世界ランク6位)やアンディ・マレー(世界ランク10位)ほか数人のテニス選手も出席したといいます。

スポンサーリンク

シャラポワとマレーとは1987年生まれの同い年です。

特にマレーとは誕生日が1週間しか違いません。
少年時代からお互いを意識しあっていて、2006年には全豪オープンのダブルスにペアを組んで出場しています。(結果は初戦敗退)。

結婚式後には披露宴も開かれ、12日には宗教的な式が行われる予定だとのことです。

ジョコビッチは最新ATPランキングでナダルを抜いて1位に返り咲いています。

ジョコビッチの赤ちゃんが誕生

2014年10月、ついに待望の赤ちゃんが誕生しました。場所はフランスのニースです。

ジョコビッチはツイッター上で「私達の天使のような赤ちゃんが誕生しました!」とつぶやきました。

赤ちゃんは男の子で名前は「ステファン」だそうです。
あの名プレーヤー、ステファン・エドバーグと同じ名前ですが意識はされたのでしょうか?

赤ちゃんが3ヶ月になった頃、ジョコビッチは全豪オープンで戦って優勝しました。
そのとき、赤ちゃんがお父さんの戦いを観戦している様子をエレナさんがツイッター上にUPしました。
20150202_djokovic_k2

ジョコビッチは「あの子は間違いなくお父さん子だからね」とこのときコメントしています。

2015年のツアースタートである全豪オープンからタイトルを獲得し、幸せそうなジョコビッチでした。

スポンサーリンク

Pocket