Pocket

STANFORD, CA - JULY 28: Naomi Osaka of Japan serves to Samantha Stosur of Australia during Day 1 of the Bank of the West Classic at the Taube Family Tennis Stadium on July 28, 2014 in Stanford, California. (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)

大坂なおみは次世代のスター選手候補の筆頭です。

今回は大坂なおみの驚愕のランキング推移や
高速サーブについて記事にしました。

プロフィール情報もあります!

 

スポンサーリンク

大坂なおみのこれまでの活躍!

2013年
プロ転向の年です。

 

2014年7月
WTAスタンフォード大会(ツアーバンク・オブ・ウェスト・クラシック)
で予選から勝ち上がり本戦出場し、

1回線でサマンサ・ストーサー(当時19位)に
4-6, 7-6 (9-7), 7-5
で勝利!
(2時間半の激闘でした)

サマンサ・ストーサーは最高世界4位、
2011年の全米オープン優勝の超ベテラン選手です。

これが大坂なおみのWTAツアーの本戦初勝利でした。
初勝利の相手がストーサーとは、驚きです。
しかも大坂なおみのランキングは当時406位。

この試合を契機に世界中で知られる存在になったのです。

 

2015年10月
シンガポールで行われたWTA ライジングスター インビテーショナル
で優勝を飾ります。

20141027_546_50

この大会はWTAのファン投票で選ばれた4選手の戦いでした。
大坂なおみは、すでにその素質を見込まれて人気があるんですね。

 

2016年1月
全豪オープンで3回戦進出

日本女子が4大大会初出場で3回戦に進んだのは、
1964年の小幡陽子さん以来52年ぶり史上2人目らしいです。

3回戦進出は大快挙でした。
(3回戦では元世界1位のアザレンカに敗れました)

 

2016年8月
全米オープンで3回戦進出

地元アメリカのマディソン・キーズにあと2ポイントで
勝利するところまで追い詰めるも、逆転負け。

途中で泣き出してしまいました。

16強進出は惜しくも逃してしまいます。

 

2016年9月
東レパンパシフィックオープンテニスで決勝進出

キャロライン・ウォズニアッキに5-7、3-6でストレート負けし、
WTAツアー初優勝を逃してしまいます。

ただ、日本人の決勝進出は
1995年のクルム伊達公子さん以来の快挙!

大坂なおみのランキング推移は?

大坂なおみの世界ランキングの推移を見てみます。

大坂なおみランキング推移

2012年末 1028位
2013年末 430位
2014年末 260位
2015年末 144位

2016年1月 全豪オープン出場時⇒127位

2016年9月 東レパンパシフィック終了時⇒47位

ついに50位以内に入りました!!

 

1000位台から始まり、一気に100位台に…

ぐんぐんとランキングがジャンプアップしてきています。
ものすごいスピードですね!

2016年の目標は100位か50位以内に入ること。

これは達成しました。

そして、ツアーでも1回優勝したいと意気込んでいました。

一度優勝すると、大きな自信になって、
次からも勝ちやすくなりますから、是非ツアー優勝してほしいです。

 

スポンサーリンク

大坂なおみのサーブがヤバイ!

大坂なおみの一番の武器はなんといってもサーブです。

201キロとか出します!

200キロは女子では異例のスピードです。

女子の200キロサーブと聞いて思い出すのは、
あのセリーナ・ウィリアムズくらいです。

四大大会すべてのファーストサーブの平均速度が、
男子は184.1km/h,女子は158.5km/hらしいので、
この200キロというのがいかに速いか分かります。

錦織圭でも200キロはめったに出さないです。
思い切り打てば出せますが、試合の時はせいぜい190キロ台です。。
(200キロ出たら、おお出た!という感じ)

なので、試合でのサーブの「最高」スピードだけでいえば、
大坂なおみは錦織圭以上なのです!

d_08735685

ただし、「平均」スピードは錦織圭のほうが上です。

大坂なおみの平均サーブスピードが
ファースト150キロ台、セカンド120キロ台くらいなのに対して、
錦織圭の平均はファースト180キロくらい、セカンド140キロくらいです。

総合的には錦織圭のほうがかなり上です。

男子と女子をまじめに比べるのも変ですが…
それだけ大坂なおみが凄いということです。

 

ちなみに女子の歴代最高サーブスピードは、
サビーネ・リシキ(ドイツ)がアメリカの大会で
211キロを計測したのが最高記録です。

大坂なおみのサーブの動画をスローで見ましたが、
フォームは理にかなっていて凄くきれいでした。

大坂なおみのプロフィール!

大坂なおみ

wst1410230006-p2

生年月日:1997年10月16日
出身地:大阪府大阪市

身長180㎝ 体重69㎏
右利き・両手バックハンド

3歳でテニスを始め、4歳でアメリカに移住
(フロリダ州在住)

「出身地と苗字が同じなのは偶然なんだけれど、おかげで、みんな直ぐに名前を覚えてくれるわ」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/akatsukiuchida/20140730-00037805/

好きな食べ物は、うなぎ、焼き肉、すし

漫画が大好きで、「ワンパンマン」(アンパンマンではない)にハマっている

憧れはセリーナ・ウィリアムズ!

default_83d28d41cbbc89d69330e3a180d8e8f8

将来の目標

「ベタな答えとしては、世界1位と、可能な限り多くのグランドスラムで優勝すること」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/akatsukiuchida/20140730-00037805/

使用ラケット⇒EZONE DR 98
ストリング⇒ポリツアープロ

夢は東京五輪出場だそうです。
東京で大活躍してほしい!

 

スポンサーリンク

Pocket